お腹をさする範疇と辺り

1. 母乳配下から恥骨までを縦にさする
堂々立ったこと自分体の中心にくる縦の手段をさすっていきます。指をそろえて母乳配下あたりにそえた下、恥骨までを形成交互に動かします。お子さんの背中を触れるように、やさしくゆっくりとなでて下さい。

2. 肋骨をアップダウンにさする
肋骨はお腹の上にいらっしゃる骨だ。両手をこういう骨のサイドにそえてかまえます。肋骨を支えて移すようなイメージで、あとから下にさすって下さい。

3. おへその周囲をくるくるとさする
両手をおへその周りに置いて、凄まじく円を描くようにさすります。傾向が途中でとまらないよう指しながら、くるくると滑らかに動かしてください。

何回増やす、と決めないで、お腹が温まってきたような感覚になるまで続けて下さい。おバスの下や半自分浴の通り掛け、血行が思い切りなって筋肉がほぐれているときに行うと厳しい効果が得られます。
冷えて固まったお腹がほぐれたら、セル光をつぶしていきます。こういうプロセスで中心になるのは、つまんで集まりをほぐして出向く傾向。脂肪の集まりをつぶして小さくする結果、放出を促すイメージだ。
xn--fckkpep2a9ircyhi2kpdb2k2049c.com/